分譲住宅を徹底解説

こちらのサイトは、分譲住宅の情報をまとめています。
その概要や選ぶメリット、安く購入するためのコツ、ローンの組み方といった情報が掲載されています。
タイトルごとにページが分かれているため、自分が知りたい情報を即座に確認することが可能です。
これから家を購入したいと考えている人が最初に見ておくことで、基本的な知識や考え方を身に付けることができます。
すぐに購入しない人でも、見ておくことで将来的に役立つ情報満載です。

分譲住宅とは

分譲住宅とは 分譲住宅の概要をはじめに知っておくことで、そのメリットがわかります。
分譲住宅は建売とも呼ばれており、分譲地に建てられ、完成してから販売される一戸建て住宅のことを指します。
マンションも一応このカテゴリーに入りますが、マンションの場合は分譲マンションと呼ばれるのが一般的です。
メリットはまず、完成した状態で売られていることから、状態を確認して購入を決められることが挙げられます。
また、分譲地の区画で同じような建物を一度に何棟も建てるので、一軒当たりの建設コストが下がります。
その結果、注文住宅を購入するのに比べて低コストで購入できるメリットも享受可能です。
土地もセットになっているので、土地探しをする必要もありません。

分譲住宅の概要から見たデメリットには何があるのか

分譲住宅の概要から見たデメリットには何があるのか 分譲住宅の概要は、街並みを形成する一戸建て住宅の分譲売りなどの特徴があります。
分譲住宅は、1棟だけを売り出すのはなく、一度に数棟をまとめて販売を開始する、物件数が多い場合には第1期と第2期などのように分譲を分けて販売を行うなどの特徴を持つ一戸建て住宅です。
規模が大きなものなどの場合は、10数棟以上のケースもあり、角地にある物件から売れることが多いなどの特徴も持ちます。
ちなみに、角地にある住宅は2面道路と呼ぶもので、東南の角地が最も人気が高く、続いて南西の角地や北東、北西の角地の順に人気を集めています。
2面道路は日当たりの確保がしやすいなどの理由からも人気がありますが、人通りが多い通りに面している場合、日中でも外から家の中を見ることができるため、カーテンを閉めておかなければならないなどのデメリットもあります。
そのため、東南の角地が必ずしも良いわけではないわけです。
また、分譲住宅は土地と建物をセットにしているため、家が気に入っても駅から遠くて通勤や通学に不便なケースもあれば、逆に通勤や通学には便利だけれども、間取りが少々使いにくなどのケースもあるので、両者の妥協点を決めておくことが大切です。

分譲住宅でもオプションがつけられることもある?

新築一戸建てを購入する際には、大きく分けると選択肢は2つです。まずは費用を抑えたいし特にこだわりがないという場合は分譲住宅です。一方こだわりがあり、インテリアコンセプトなども決まっていて設計なども1から決めていきたいし、間取りも家族構成に合わせて決めたいということであれば注文住宅です。
費用がかかりますし、打ち合わせの回数もかなり多くなりますので手間がかかりますがその分完成したときの満足度は高くなる傾向があります。注文住宅の場合は基本的に規格があり、それに基づいて作られていますので、設計などもいじったりすることは困難です。まだ建てられる前の段階であれば、分譲住宅でもオプションをつけたり変えたりすることが出来る可能性もあります。そういった柔軟性はそれぞれのハウスメーカーで変わってきますし、まずは相談をしてみる事です。ビルドインの食洗器にしたり、玄関に備え付けの鏡をつけるといったことが出来る場合も有ります。

マイホームに分譲住宅を選ぶ魅力的なメリット

マイホームに分譲住宅を選ぶメリットは、入居までのスピードです。注文住宅な土地を探してプランを決めてと施工が始まる前の準備だけでも時間がかかりますが、分譲住宅はすでに完成していたり基本的な設計などは決まっている状態で売りに出されるので、短期間で引き渡しができます。そのためできるだけ早くマイホームを手に入れたいという人には、おすすめできる住宅です。
注文住宅と比較をしたら、費用を抑えられるのもメリットの一つでしょう。オーダーメイドの注文住宅は特殊な建材を使ったりするので、コストがかかってしまいます。しかし分譲住宅なら複数の一戸建てを一括で建てるので、建材も大量に仕入れてコストダウンができます。建材だけではなく設計や施工期間の短さなどもコストダウンが可能になるポイントなので、低予算でも家を買うことができるでしょう。他にも実物を見てから購入できるなどのメリットがあり、少ない予算でスピーディーに家を買いたい人には、分譲住宅はおすすめできます。

現物を確かめてから購入できる分譲住宅のメリット

分譲住宅の良いところは、現物を見てから購入できることでしょう。注文住宅は施主の希望を聞きながら建てるオーダーメイドの住宅なので、契約前に現物を確認することはできません。
近年は360度動画などを使って良いイメージをしやすくなりましたが、それでも実際に建っている建物を確認せずに契約するため、完成後にイメージと違ったという事態が起きやすくなっています。しかしすでに完成している分譲住宅なら、契約前に実物を見学することができます。
室内を見て実際の広さを確認してみたり、日当たりや風通しが良いかも確かめられるでしょう。 マイホームでストレスになりやすい家事の動線も実際に動いて確かめられ、各種設備やコンセントの使いやすさもわかります。このように住宅購入で失敗したと思いやすい箇所をあらかじめ確認してから契約できるのは、分譲住宅ならではのメリットです。絶対に住宅購入で失敗したくないなら、分譲住宅はおすすめです。

統一感のある開発が行われている地域の分譲住宅の魅力

大手の不動産会社が公園整備なども一括して行っているのが、人気のある分譲住宅の特徴です。また開発のコンセプトも明確であり、街並み全体にも統一感があって美しいのが魅力です。したがって開発エリアの雰囲気も非常に良く、家族全員が快適な環境で暮らせます。そして近隣にはスーパーや小中学校もあるので、毎日の暮らしや子育てにも非常に便利です。そのために分譲住宅を購入したいと考える人の多くが、エリア全体が大規模に開発された物件を選んでいます。
しかし大規模開発物件は人気があるので、希望する条件の新築一戸建てを買うのは意外と難しいです。そこで人気のある分譲住宅を購入したいと案が得る人々は、早くから情報収集をスタートしています。現地見学会にも積極的に参加すると、地域開発が完了したときの暮らしもイメージできます。更に現地ではモデルハウスも展示されており、実際に建物の内部を見学したうえで慎重に購入を検討することが可能です。

分譲住宅の外観デザインが普遍的である理由

分譲住宅のデザインは、普遍的です。極端に流行を追うことはせず、いつの時代も多くの人に受け入れられるデザインを採用しています。なぜ分譲住宅のデザインが普遍的であるかというと、多くの人に受け入れてもらうためです。
奇抜で個性的なデザインにすると、一部の人から認められても多くの人からは拒絶されます。またトレンドの取り入れたデザインにすると、建てたときは良くても数年後には売れなくなります。つまり多くの人から好まれるデザインにすることによって、売りやすくしているわけです。他にも分譲住宅に個性的なデザインが少ないのかというと、建材などを共通化する目的もあります。建材を共通化すれば一括仕入れが可能となり、コストダウンができるようになります。分譲住宅は安く建てることも重要視されているため、大量に開発するときには建材を共通化して一括仕入れでコストダウンをするのが一般的ですから、そのためにも統一しているわけです。

住宅に関する情報リンク

さいたま市 分譲住宅